手軽で簡単!爪水虫をクリアネイルで除去

看護士画像

爪水虫になってしまったけれど・・・・


・忙しくて病院に行くことができないし、行くのが面倒だ。
・病院までいくのはちょっと恥ずかしい。
・病院で貰う飲み薬は副作用が心配だ。
・病院に行ったものの持病で肝臓が悪いので薬を処方されない。
・市販の水虫薬を使ってみたけど効果がない。


そんな人にオススメ ⇒ 爪水虫専用塗り薬 Dr.G's クリアネイル


爪水虫専用の塗り薬って?

日本の爪水虫の治療方法は、皮膚科に行き飲み薬を処方してもらいます。
ただし、この飲み薬は肝臓・肝機能に問題がある方には処方できません。
ですのでまず、病院で血液検査を行い肝機能に問題がない場合に、爪水虫の飲み薬を処方され、その後3~6ヶ月通院しながら直していきます。


爪水虫の飲み薬は、肝機能低下の副作用が考えられるので、これを避けたい方の治療方法として爪水虫用の塗り薬があります。

しかし、この塗り薬での治療は日本では主流でなく、あまりかやヨーロッパが主流です。


日本でも水虫薬は市販されていますが、こういった市販の水虫薬では爪水虫の完治は難しいのが現状です。
アメリカでは4~6種類の爪水虫用の塗り薬が市販されていてDr.Gsクリアネイルはその中で一番人気の商品です。

塗り薬で爪水虫は治るのか?

爪水虫を治すには、皮膚科の医師から処方された飲み薬で治療するバルス療法が一般的ですが、この飲み薬は肝臓に負担がかかり、このせいで肝臓を壊したという人もいます。


Dr.クリアネイルのような塗り薬では、このような副作用がありませんし、使い方も簡単でマニキュアの上からでも問題なく浸透していきます。



使い方はこうするだけ!

Drクリアネイル画像

1日2回爪の上からと爪と皮膚の間にクリアネイルを塗るだけ。


爪の上だけでも患部に浸透するので問題はありませんが、爪と皮膚の間に塗ったほうが効果的です。
女性の方ならマニキュアなどの上から塗ってもらっても問題ありませんし、無色・無臭なので出かける前でも気になりません。


塗ってから10分もすれば乾くので、そのあとは靴下やレギンスなどを履いても大丈夫です。

1日2回塗り続けると2~3週間ほどで、新しい爪が生えてくるのが分かります。後はそのまま塗り続けて爪が完全に生え変わったらOK。


病院にいくのが恥ずかしかったり、爪水虫のせいで裸足になるのが嫌だ、誰にも知られないで治したい!という方は、一度クリアネイルを試してみてください。


爪水虫専用塗り薬 Dr.G's クリアネイルはコチラ


爪の水虫は男性のイメージがありますが、実は女性にも多い病気です。

爪水虫が女性にも多い理由は、冬の季節のオシャレに欠かせない「ブーツ」や女性が長時間働くことで靴をずっと履き続ける事も大きな原因です。

さらに、水虫になっちゃうと女性はやはり恥ずかしいもの。

男性だって良いづらいでしょうし、まして女性となれば病院や薬局にいくことも億劫になってしまいます。


こういうときにインターネットはとても便利に買い物ができます。

誰とも会うことも無く、ちょっと恥ずかしい買い物でも気軽に時間のあるときにできるわけですから。


爪水虫の話に戻りますが、そんなインターネットで爪水虫の薬を買おうと、爪水虫の塗り薬をまず薬局なんかで探したところ、Dr.Gsクリアネイルという商品と、デルミシル、レウカティン、ウォルドンクリームなどがありました。


爪水虫の治療は現在皮膚科に行って血液検査をした後、肝機能に問題がなければ飲み薬を処方してもらい3~6ヶ月通院しながら治す方法と、塗り薬による治療(米国及びヨーロッパでは主流)があります。


塗り薬は肝機能に問題のある人、肝機能低下の副作用を避けたい方のために使用されています。



このクリアネイルが人気の理由の一つに、無色、無臭で外出先などでもマニキュア感覚で使うことができることがあります。

また、マニキュアの話をしましたが、このクリアネイル浸透力がすごいんです。

マニキュアを塗った爪の上からでも使用することができるというから驚きです。


こういうと心配になるのが副作用。

強いお薬には、副作用があるというのが一般常識ですが、このクリアネイルには副作用の心配がないというのも嬉しいところです。


え?ほんと!?と言う方はコチラをご覧下さい。

Copyright © 2009 クリアネイル・爪水虫に使える塗り薬ってないの?· All Rights Reserved·

ベジーデル酵素液を使ったベジスリムダイエットに挑戦中!テレビ通販で見たベジスリムを欲しくなり早速購入試してみました。